週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

次の暴落時は債券より株が狙い目=市岡繁男

    1990年代の日本株、債券先物、為替
    1990年代の日本株、債券先物、為替

     1981年の米長期金利ピークアウト後、筆者は87年、90年、2000年、08年と4回の株価暴落を経験してきた。いずれも長期金利の上昇がきっかけで、最も深刻なケースは90年の日本株暴落だ。最初の3カ月間で株、債券、為替のトリプル安となったからだ(図1の(1))。00年や08年の暴落時には株はダメでも債券やドルが買われるなど、まだ救いがあったが、90年のバブル崩壊時には全面的な日本売りとなったことで打撃が大きかった。

     そのまま株価が下がり続けたなら「投げ」が出て、投資家の傷は浅かった。だが株価はその後の3カ月間(同(2))で下げ幅の半値を戻す。債券や為替が落ち着きを取り戻したからだが、8月からの中東情勢悪化で金利が急騰し、株価は暴落。しかも今度は一転して超円高となった(同(3))。

    残り199文字(全文543文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事