週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

スリムになった日本企業の財務体質=市岡繁男

    (注)ゾンビ企業は設立10年以上の上場企業で、インタレスト・カバレッジ・レシオが3年連続で1未満の会社。インタレスト・カバレッジ・レシオは「(営業利益+受取利息+受取配当金)÷(支払利息+手形割引料)」。債務比率は「有利子負債÷名目国内総生産」。(出所)国際決済銀行(BIS)、米連邦準備制度理事会(FRB)のデータより筆者作成
    (注)ゾンビ企業は設立10年以上の上場企業で、インタレスト・カバレッジ・レシオが3年連続で1未満の会社。インタレスト・カバレッジ・レシオは「(営業利益+受取利息+受取配当金)÷(支払利息+手形割引料)」。債務比率は「有利子負債÷名目国内総生産」。(出所)国際決済銀行(BIS)、米連邦準備制度理事会(FRB)のデータより筆者作成

     2018年9月、国際決済銀行(BIS)は「ゾンビ企業の勃興─その原因と結果」というリポートを発表した。その中で、利払い能力を測る「インタレスト・カバレッジ・レシオ」が3年連続で1未満で設立10年以上の事業会社を、「ゾンビ企業」と定義。日本を含む先進14カ国の上場企業4.5万社の中で、そんな青息吐息のゾンビ企業は12.5%もあり、米国では16%を超えると指摘する(図1)。1980年代後半、その比率は米上場企業の2%だったが、金…

    残り324文字(全文539文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット