【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史Book Review

通信の専門家が読み解く真珠湾攻撃の真実=井上寿一

 1941年12月8日の真珠湾攻撃の際の対米最終通告の遅延によって、日本はひきょうなだまし討ちの汚名を着せられることになった。なぜ対米最終通告は遅延したのか。

 従来の見方は、たとえば保阪正康『昭和史 七つの謎』(講談社文庫)がそうであるように、ワシントンの日本大使館の不手際と怠慢を批判するものである。このような通説的理解に対して、東京の外務省と軍部による陰謀の責任を追及する説がある。この対立に決着をつけるかのような著作が現れた。それが大野哲弥『通信の世紀』(新潮選書、1400円)である。

 最終通告は14本の電信に分割されて、東京の外務省からワシントンの大使館へ暗号で発信された。結論が含まれる14本目は、なぜか13本目から15時間も遅れて届いた。ここに東京の外務省や軍部の陰謀を見いだしたとしても、不思議ではない。

残り535文字(全文895文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事