教養・歴史歴史書の棚

李白や杜甫より柔らかい もう一人の詩人の存在=加藤徹

     12世紀の東アジアは、文と武、中心と周辺の力関係が逆転した、激動の世紀だった。日本は平安時代が終わり、鎌倉時代になった。中国では、漢民族の北宋が北方民族の金に滅ぼされた。残存勢力である南宋は、中国の南半分だけになった。

     三野豊浩著『范成大詩選』(幻冬舎ルネッサンス新社、1000円)は、南宋の漢詩人・范成大(1126~93年)の、日本初の訳詩集である。

     范成大は北宋滅亡の前年、蘇州で生まれた。もし彼が唐の時代に生まれていたら、李白や杜甫と並ぶ人気を日本でも得ていたろう。しかし時代が悪かった。科挙の試験に合格した范成大は、高級官僚となり、各地の地方長官を歴任。庶民によりそった善政を行った。勤勉で有能だった彼は、南宋の臨時の使者として金に赴いたり、短期間ながら副宰相の参知政事(唐から明の時代まで存在した官職名)もつとめたこともある。だが生来病弱であ…

    残り526文字(全文903文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット