教養・歴史書評 読書日記

思春期の本人に親に、やさしく寄り添うQ&A=高部知子

    ×月×日

     ちょっとビックリした本に出会ってしまった。いわゆる「Q&A」本なのだが、私は今まで、あまりこのタイプの本に惹(ひ)かれることはなかった。しかし質問が秀逸だと、なるほど答えも面白くなる。新しい発見だった。『思春期─少年・少女の不思議のこころ』(深尾憲二朗著、ミネルヴァ書房、2200円)。著者は少年のころ仮面ライダーやウルトラマンが大好きで、本当は漫画家になりたかったと語る精神科医師なのだが、その「少年のこころ」を今でも忘れていないのであろうか、子供たちの心にそっと寄り添うかのような、ゆっくりと丁寧な語り口が読みやすい。「精神科」というと、何だかちょっと暗い診察室で、うかつに質問でもしようものなら、冷静な目でさげすまれそうな、そんな怖い医師がいそうな(すごい偏見だが……)勝手な妄想が私にはあったのだが、それがすっかり吹き飛んでしまった。

    「性やマスターベーション」「親への反抗や自傷行為」、いま話題の「ゲームやネット依存」そして「箸が転ん…

    残り911文字(全文1341文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット