教養・歴史書評

実は流動的で不安定 トランプ政権の核心活写=孫崎享

    ×月×日

     2018年、私が出版を一番待望したのは『FEAR 恐怖の男 トランプ政権の真実』(ボブ・ウッドワード著、日本経済新聞出版社、2200円)であった。著者はリチャード・ニクソン政権時代、ウォーターゲート事件をスクープし、ニクソン米大統領を退陣に追い込んだ人物。その彼が、今度はドナルド・トランプ政権を扱った。この本がトランプ米大統領を退陣に追い込む契機になるのでないかとの見方もあり、米国では出版第1週で110万部を販売するなど、いかに期待が高かったかを示している。

     プロローグは驚きの記述で始まっている。ゴールドマン・サックスの元社長兼CEOで国家経済会議委員長を務めるゲーリー・コーンが、大統領の執務机に近づき、デスクにあった米韓自由貿易協定を破棄するという内容の大統領親書を「盗んだ」事件を記している。

    残り953文字(全文1310文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事