国際・政治ワシントンDC

トランプ政権の“規制”でも活発化するロビー活動=中園明彦

    マナフォート氏も日本では「政治コンサルタント」と紹介されることが多かった Bloomberg
    マナフォート氏も日本では「政治コンサルタント」と紹介されることが多かった Bloomberg

     裏工作、癒着、腐敗、賄賂──。ロビイストへの一般国民のイメージは日本だけでなく、彼らが活躍する米国でもネガティブである。実際、ロビイストを夫に持つ知人も、夫の仕事を問われる時には“コンサルタント”と答えるのだそうだ。

     ロビイストの語源は、グラント大統領(1869~77)時代に、ホワイトハウスの近くにあるホテルのロビーに、大統領やその側近に接触を求めさまざまな人が集まっていたことにある、と言われている。

     ネガティブなイメージがつきまとう理由は、ロビー活動には巨額のマネーが動き、実際さまざまな政策や法律が影響を受けていることだ。政府関係者が退職後にロビイストに転じて、その後また政権に戻ることもままあり、「回転ドア」の構図として問題視されている。これらの課題に対処するため、ロビー活動には法令での規制や取り決めがある。登録すると四半期ごとに活動や費用を盛り込んだ報告書提出が求められ、違反には罰金が科さ…

    残り1093文字(全文1496文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット