投資・運用グラフの声を聞く

不動産市況に依存する中国経済=市岡繁男

    中国人民銀行の資産内訳
    中国人民銀行の資産内訳

     中国人民銀行(中央銀行)はドルなどの外貨資産を裏付けに人民元を発行してきた。同行が保有する外貨建て資産は2013年には総資産の8割を占めていた。だが、その後は海外への資金流出が加速し、中国の外貨準備が減少してしまう。そこで同行は、通貨供給の担保として商業銀行への貸し出し債権を多用するようになり、今やその割合は全体の3割まで拡大した(図1)。

     商業銀行は中銀からの資金を元に企業や家計に融資するが、その多くは広義の不動産向けだ。つまり、人民元の信用は不動産市況に左右される状況にある。

    残り283文字(全文526文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事