教養・歴史書評

同名同期刊の珍事? 「乱」の復元を読む=今谷明

     呉座勇一氏の『応仁の乱 戦国時代を生んだ大乱』(中公新書、900円)が爆発的に売れて以来、中世の戦乱ものの本が多く出されている。昨年12月には坂井孝一著『承久の乱 真の「武者の世」を告げる大乱』(中公新書、900円)が、先月には本郷和人著『承久の乱 日本史のターニングポイント』(文春新書、820円)が相次いで上梓(じょうし)された。奇観というべきか、珍しい事態である。

     出版期日がわずか1カ月の差であるから、お互い、示し合わせて執筆されたものか、あるいは偶然の結果か、ともあれ坂井氏が本郷氏の大学院の先輩という関係である。もっとも、坂井氏は『曽我物語』の研究家で、いずれかといえば文学畑の人、本郷氏は幕府論が専門で、ほぼ同じ諸事件の推移を追いながら、重点の置き方は差異があって興味深い。

    残り600文字(全文945文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット