国際・政治ワシントンDC

著書出版、企業役員就任…… トランプ政権「あの人は今」=高井裕之

 トランプ政権も1期目の後半戦に入った。メキシコの壁予算を巡って連邦政府閉鎖が史上最長に及ぶなどドタバタが続くが、その陰でケリー大統領首席補佐官やマティス国防長官ら重鎮が静かに政権を去った。本稿では政権発足2年間に辞めていった人物に焦点を当ててみた。

 スカラムチ広報部長。メディアのインタビューで、ホワイトハウス同僚の悪口を言ったことからわずか10日で解雇された。今はニューヨークでヘッジファンドを運営する。

 フリン国家安全保障問題担当補佐官。ロシア高官との関係についてペンス副大統領に虚偽報告をしたことから在任24日間で解雇された。米連邦捜査局(FBI)に虚偽の証言をしたことで有罪判決を受け、モラー特別検察官の調査に協力している。

残り1177文字(全文1494文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月9日・16日合併号

世界経済 ’22年下期総予測第1部 世界経済&国際政治14 米国は景気後退「回避」も 世界が差し掛かる大転機 ■斎藤 信世/白鳥 達哉17 米ドル高 20年ぶり高値の「ドル指数」 特徴的な非資源国の通貨安 ■野地 慎18 米長短金利の逆転 過去6回はすべて景気後退 発生から平均で1年半後 ■市川 雅 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事