国際・政治ワールドウオッチ

インド 慣例破る“選挙向け”予算案に野党猛反発=成田範道

     インド政府が2月1日に発表した2019年度(19年4月~20年3月)の国家予算案に野党が猛反発している。今年5月ごろに行われる下院選に向け、農民や労働者の票を集めるための“バラマキ予算”との批判が相次いでいるのだ。

     予算案には保有する可耕地2ヘクタール(2万平方メートル)以下の農民への年6000ルピー(約9200円)の現金支給、個人所得税の課税最低限の実質引き上げなど、農民、低中所得労働者、年金・金利生活者など幅広い層に経済的恩恵を付与する大規模な政策が盛り込まれた。そのた…

    残り362文字(全文602文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月24日号

    日本経済総予測第1部14 富裕層にアベノミクスの恩恵 「消費の二極化」鮮明に ■浜田 健太郎/岡田 英17 2020年の主な国内イベント18 インタビュー リチャード・クー 野村総合研究所主席研究員、チーフエコノミスト 「中立な『財政委員会』設置し今こそ財政出動と構造改革を」20 外需 米予防緩和で [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット