資源・エネルギーエコノミストオンライン

太陽光発電のFIT価格引き下げ 「バブル」の弊害見直しの一環=石川和男

    事業用太陽光発電の買い取り価格推移
    事業用太陽光発電の買い取り価格推移

     太陽光発電事業を巡り最近、「日本では成長できない」との風評とも言える悲観論が蔓延(まんえん)している。背景には、政府が2019年度からの再生可能エネルギーの固定価格買い取り(FIT)制度のさらなる価格引き下げなどを決定したことがある。本当に太陽光は落ち目なのだろうか。

     FITは、再エネ発電の認定を受けた事業者から、電力会社が一定期間、電力を固定価格で買い取る制度だ。買い取り期間は太陽光ならば、事業用(10キロワット以上)で20年間、家庭用(10キロワット未満)で10年間だ。電力会社による買い取り費用の一部には、消費者の電気料金に上乗せされる「賦課金」が使われる。固定価格は毎年度、経済産業省が原案を出し、有識者会議が審議する。

     19年度の固定価格は、事業用(19年度は10キロワット以上500キロワット未満)では1キロワット時…

    残り2819文字(全文3186文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    10月29日号

    ダマされない生命保険 基礎知識&選び方18 「前代未聞」のかんぽ生命 不正4パターンと自衛策 ■黒田 尚子/編集部22 ライフステージごとに必要保障額の見直しを ■編集部23 外貨建て保険 投資に不適な“高”手数料 運用するなら外債で十分 ■横川 由理25 円建て貯蓄型の販売休止 深まる低金利で運用 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット