週刊エコノミスト Online話題の記事

所有者不明土地 相続登記義務化へ法相が諮問 権利放棄容認と公的管理が鍵=米山秀隆

    使えない土地でも相続登記しないと罰金?(Bloomberg)
    使えない土地でも相続登記しないと罰金?(Bloomberg)

     増え続ける所有者不明土地への新たな対応策として、山下貴司法相は2月8日の閣議後記者会見で、相続登記の義務化や土地所有権の放棄を認める制度の創設などについて、法制審議会に諮問すると表明した。

     所有者不明土地とは、登記簿などの台帳を見ても直ちに所有者が判明しないか、判明してもすぐには連絡がつかない土地である。民間の有識者で作る「所有者不明土地問題研究会」の推計によれば、2016年時点の所有者不明土地は九州の面積を上回る約410万ヘクタール。このままでは40年には北海道本島に迫る約720万ヘクタールに拡大するという。

     増加の背景には、人口減少が進む中、相続時に登記されない土地が増えていることがある。土地の相続人が遠方に住んでいたり、資産価値が低いといった理由で土地を放置し、相続を重ねていくと、権利関係が複雑になり所有者をたどるのが難しくなる。特に、資産価値がない森林や農地などの場合、費用をかけてまで相続時に名義変更する人は多くはないと思われる。また、近年は相続放棄などにより、相続人同士が不要な土地を押し付け合…

    残り681文字(全文1140文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット