週刊エコノミスト Onlineコレキヨ

小説 高橋是清 第33話=板谷敏彦

    (前号まで)

     自堕落な生活を脱し農商務省で働き始めた是清に与えられた仕事は「商標登録」「発明専売規則」の作成というものだった。近代国家建設に必須とも言える重要な任務に是清は没頭する。

    第33話 専売特許条例

     日本における発明の保護(専売特許制度)については、輸入品が増えるにつれてそれを発明した外国人からの要請も増えて、明治4(1871)年に「専売略規則」なるものが一度発布されたことがある。 

     法律を作ったまではよいのだが、いざ実施ということになると問題がでてきた。役所に発明品を持ち込む人がいても、それが新しい発明なのかどうか審査できる者がいなかったのである。 

    残り2523文字(全文2805文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月2日号

    ガソリン車ゼロ時代第1部 激変する自動車産業22 EVで出遅れる日本 市場奪取へ勝負の10年 ■市川 明代/白鳥 達哉26 図解・日本の雇用 製造から販売まで、2050年に80万人減も ■白鳥 達哉28 ガソリン車よりエコ! 生産から廃車まで、EVのCO2排出は少ない ■桜井 啓一郎31 インタビュ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事