テクノロジー治る バイオ薬&遺伝子・再生医療

再生医療最前線2 臓器のもと作るヘリオス社 急性期の脳梗塞も注目分野=繁村京一郎

    (出所)野村證券作成
    (出所)野村證券作成

     肝臓などの臓器の「もと」を作り出し、患者の体内で育てて、機能を改善させようという研究開発が進んでいる。

     再生医療ベンチャーのヘリオスは、iPS細胞を使って、目の病気である加齢黄斑変性の臨床試験の準備を進めているほか、後述するように脳梗塞(こうそく)の臨床試験を実施中である。これに続く「第三の矢」が、臓器のもとである「臓器原基」を作る研究開発だ。この再生医療は、臓器原基を患者に移植することで、生体内で機能する臓器に生育させる治療法である。

     臓器原基の作成方法はこうだ。iPS細胞から作られた、肝細胞や腎細胞に変化できる臓器の前駆細胞を、細胞同士をつなぐ間葉系幹細胞、血管を作り出す血管内皮細胞と混ぜて培養することで、血管構造を持つ立体的な臓器の「もと」ができるのである。

    残り981文字(全文1318文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事