テクノロジー治る バイオ薬&遺伝子・再生医療

がん遺伝子検査 大手が一括解析サービスへ 対象遺伝子絞り低コスト参入=田中智大

    (出所)各種資料より筆者作成
    (出所)各種資料より筆者作成

     遺伝子解析技術の進歩で、がんの原因遺伝子が特定されるようになり、診断や治療への活用が進んでいる。中でも肺がんは近年、原因遺伝子が次々と明らかになっており、それぞれの原因遺伝子をターゲットにした治療薬(分子標的薬)の開発・販売も相次いでいる。臨床現場では、治療薬を投与する前に、患者がどの遺伝子に異常があるかを検査し、適した薬を選ぶ必要がある。患者にとっては有効性が高い薬を使えるほか、国の医療費の抑制にもつながる。こうした事前検査を「コンパニオン診断」という。

     現在、コンパニオン診断に多く使われているのは、「PCRキット」と呼ばれる検査だが、単一の遺伝子しか調べられない。よって、まず一つの遺伝子を調べて、もし異常がなければ、再度、他の遺伝子を調べることになる。時間や手間がかかり、その間に患者の病状は進行する恐れがあるうえ、医師も何度も検査しなければならず、効率的でない。このため、複数の遺伝子を同時に調べられる解析装置「次世代シーケンサー」を用いることで…

    残り938文字(全文1369文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事