テクノロジー治る バイオ薬&遺伝子・再生医療

関連銘柄 バイオ株は買いか?=編集部

    (注)▲はマイナス。「東証JQG」は東証JASDAQグロース、「東証JQS」は東証JASDAQスタンダードの略(出所)ブルームバーグ、各社資料より編集部作成
    (注)▲はマイナス。「東証JQG」は東証JASDAQグロース、「東証JQS」は東証JASDAQスタンダードの略(出所)ブルームバーグ、各社資料より編集部作成

    上表はベンチャーを中心に主なバイオ関連企業を挙げた。詳しくはこちら

     サンバイオショックに揺れた2019年初頭のバイオ関連相場だが、長期的にバイオ関連株の時価総額は上昇トレンドにある。みずほ証券の野村広之進シニアアナリストによると、「バイオセクターの時価総額は、ブームと停滞期を繰り返し、段階的に水準を切り上げてきている」という(図)。

     バイオ相場が立ち上がる直接のきっかけは12年10月に山中伸弥・京都大学教授がiPS細胞でノーベル医学生理学賞を受賞し、再生医療に注目が集まったこと。そして、安倍政権が再生医療へ注力する方針を打ち出し、再生医療新法が成立。新法により臨床試験の第2相(第2段階)で承認が取れるようになったため、従来の臨床試験の第3相(第3段階)は新薬を販売しながら開発を続けることが可能となり、ベンチャーのリスクをかな…

    残り597文字(全文964文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月22日号

    EVと再エネ 儲かる金属14 日米欧中の電池大争奪戦 政府と企業の胆力が試される ■金山 隆一18 レアアースのネオジム 双日が豪ライナスに出資 ■小田切 尚登/編集部19 ネオジム磁石 大同特殊鋼とホンダが独自開発 ■編集部20 株価急騰 EVで注目の海外企業はこの5社 ■編集部21 銅 「新しい [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事