マーケット・金融グローバルマネー

世界経済が急減速、日本にも景気後退の影

    米中貿易摩擦の影響で日本経済にも逆風が吹く(Bloomberg)
    米中貿易摩擦の影響で日本経済にも逆風が吹く(Bloomberg)

     米中貿易協議に市場の関心が集まっているが、すでに世界経済は急減速している。欧州は、けん引役のドイツ、イタリアで景気後退懸念が強まる。2018年末から変調をきたした中国ではデフレ感が漂い、最後の砦(とりで)とされる米国の景気も急ブレーキがかかった。

     日本は19年1月で「いざなみ景気」を超えて戦後最長の景気拡大を実現した可能性について、政府が喧伝(けんでん)している。国内総生産(GDP)が昨年10~12月期に前期比0・3%のプラス成長となり、7~9月期のマイナス0・6%成長は自然災害による「一時的な下げ」と評価された。しかし、実は日本経済にも「景気後退」の影が忍び寄っている。

     日本の景気悪化は一過性ではない。内閣府の「景気動向指数」の「先行CI(コンポジット・インデックス)」が17年11月をピークに、1年を超えて低下傾向にある。18年秋以降「景気後退」に陥っていても不思議ではない状況を示唆しているのだ。

    残り734文字(全文1140文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事