国際・政治中国大失速

アリババの行方 近づくジャック・マー引退 中国政府と衝突の可能性も=田中道昭

    引退を表明したジャック・マー会長(Bloomberg)
    引退を表明したジャック・マー会長(Bloomberg)

     アジア最大規模のeコマース(電子商取引)を展開する阿里巴巴集団(アリババグループ)を率いる創業経営者の馬雲(ジャック・マー、54歳)会長の引退が2019年9月に迫ってきた。二次元コード(QRコード)決済「アリペイ」などアリババの事業は多岐にわたり、もはや中国の社会インフラを担う企業と言っても過言ではない。マー会長の引退をめぐっては中国政府と対立が生じているとの臆測もあり、カリスマ引退後の巨大企業の行方に早くも注目が集まっている。

     アリババグループの事業の柱は企業間取引の「アリババドットコム」などに代表されるeコマースで、物流事業や実店舗の運営、クラウド事業、金融事業などにも手を広げている(図1)。2018年3月期の売上高は398億ドル(約4.4兆円)、営業利益は110億ドル(約1.2兆円)へと急拡大した(図2)、14年には米ニューヨーク証券取引所に上場し、19年2月末時点の時価総額は約4780億ドル(約52.6兆円)と世…

    残り1942文字(全文2359文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事