週刊エコノミスト Online本誌版「社会保障制度審」

団塊ジュニアの深刻な「20年後」 貧困から脱出する二つの提言=湯浅誠/38

    人間が回復するには、基本的に痛めつけられていたのと同じ期間がかかる・・・・・・(Bloomberg)
    人間が回復するには、基本的に痛めつけられていたのと同じ期間がかかる・・・・・・(Bloomberg)

     2040年のあるべき社会保障制度の姿を、二つの視点から検討したい。第1回目の今回は「貧困問題全般」を、次回の第2回ではその対応策の一つとして「こども食堂」の取り組みを紹介する。

     すでに多くの指摘がなされているように、1990年代以来、日本型雇用システム(雇用による社会的包摂システム)が崩壊していった。それが目に見える形で表れた端緒が「ホームレス」だった。もともと日雇い労働者は、シングルマザーともども「男性正社員が生活給を稼ぎ、専業主婦が家事と子育てをする」という形では雇用に包摂されていなかったが、バブル崩壊に、日雇い労働者自身の中高年齢化が重なって、大都市部の繁華街にその姿を見せ始めた。90年代前半のことである。

    「真っ先に落ちた」のが元日雇い労働者のホームレスだったが、2000年代に入ると、若者や女性などが後に…

    残り2801文字(全文3162文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込み)が、今なら特別価格980円(税込)

    2019年3月末までのお申し込みで6カ月間は特別価格でご提供

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月26日号

    為替でわかる世界経済20 ドル・円の膠着生む 米1強とリスクオフ ■大堀 達也22 割安で放置されるドル 進まない円安 ■高島 修24 予想実質金利が示す円高進行 ■内田 稔26 「1ドル=114円」程度まで円安は進む ■佐々木 融28 為替予想で覚えたい プロが重視する5つの指標 ■市川 雅浩  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット