国際・政治中国大失速

米国の「技術移転」阻止が招く潜在成長率の低下懸念=関志雄

 中国の景気は米中貿易摩擦の影響を受けて減速しているが、それ以上に深刻なのは中長期的な成長力を示す潜在成長率の低下である。潜在成長率を引き上げる有力手段の一つは、海外からの技術移転により生産性を向上させることだ。しかし、米国は中国企業による米国のハイテク企業の買収阻止などを通じて、対中技術移転を抑えようとしている。米中摩擦の本質的な問題は、単なる対米貿易不均衡ではなく、まさに技術移転にある。

 まず注目すべきは、中国の労働市場における大きな変化である。中国は実質GDP(国内総生産)成長率が2018年10~12月期に6.4%に減速したが、都市部の求人倍率は1.27倍と史上最高の水準にあり(図1)、完全雇用が維持されている。これは、リーマン・ショック直後の09年1~3月期に、成長率が足元と同じ6.4%まで落ち込んだのと同時に、求人倍率も0.85倍に急落したことと対照的である。

残り2091文字(全文2482文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

2月14日号

どうする?どうなる?日銀大検証16 岸田政権「インフレ抑制」へ 10年ぶり総裁交代で緩和修正 ■浜田 健太郎19 インタビュー 軽部謙介 帝京大学教授・ジャーナリスト 日銀が甘くみた内閣の力 「安倍1強」に内部ひょう変21 「 ガラパゴス」日銀 市場機能をマヒさせた「看守」 低金利慣れの財政に大打撃 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事