国際・政治中国大失速

図解で分かる米中貿易の「実態」 関税引き上げは双方に打撃=土屋尚史

     米中貿易摩擦は、世界の貿易市場が頭打ちになる状況の下で激化してきた。世界の貨物貿易総額は、2002年から08年まで順調に拡大してきたが、その後の成長率は鈍化している(図1)。背景には、08年の金融危機以降の各国における経済成長率鈍化と、新興国における製造業の現地化・内製化の動きがある。特に、中国やASEAN(東南アジア諸国連合)は、現地生産の進展により資本財や中間財の輸入が伸びにくくなっている。

     この伸び悩む貿易市場で高いシェアを握るのが、米国と中国だ。16年の世界貨物貿易総額に占める米中シェ…

    残り1240文字(全文1490文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット