投資・運用中国大失速

どうなる景気対策 「深刻不況」回避に躍起の習政権=関辰一

    2019年の主な内需刺激策
    2019年の主な内需刺激策

    詳しくはこちら

     中国の景気減速が一段と鮮明になり、習近平政権が予想以上の投資冷え込みに特に危機感を抱いている。与信や債務を抑制する「デレバレッジ」政策の行き過ぎを見直し、安定成長を重視するスタンスへとシフトを進める。3月5日開幕の全国人民代表大会(全人代)の初日に発表された政府活動報告でも、財政出動と金融緩和によって、景気の大幅な下振れを断固回避する姿勢を明瞭にした。

     政府の内需刺激策は、設備投資拡大策、インフラ投資促進策、消費刺激策の三つに分けられる(表)。

    残り2077文字(全文2309文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    5月18日号

    固定資産税に気を付けろ!16 コロナで税額据え置きに 知識を蓄えて自己防衛を ■編集部19 課税明細書を理解するチェックポイント3 ■編集部/監修=古郡 寛22 取られすぎ! 実例に学ぶ課税ミス 大阪市は71億円返還へ ■編集部25 過徴収分の返還は? 地方税法の時効は5年でも 自治体によっては「2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事