週刊エコノミスト Onlineチャイナウオッチ 中国視窓

染料価格の高騰続く 環境規制と寡占化で=岩下祐一

    昨年5月に操業停止に追い込まれた染料大手・吉華の塩城工場(筆者撮影)
    昨年5月に操業停止に追い込まれた染料大手・吉華の塩城工場(筆者撮影)

     中国での染料の高騰は、今年も世界の繊維産業にとって大きな懸念材料になりそうだ。足元では需要が旺盛で在庫がタイトになり、値上げ圧力が強まっている。環境規制と、市場の寡占化という構造的な問題が背景にあるため、今後も価格の高止まりが続くと見られる。

     中国の染工場にとって3、4月は繁忙期に当たるが、今年は例年以上に忙しい。「呉江地区(江蘇省)や河北、福建省の染工場が好調だ。生機(きばた)(染色前の布)が続々と運び込まれている」と染色加工専門メディア「印染学習・交流」の柴群立代表は話す。一方、中国で染工場が最も集まる紹興市(浙江省)は業績不調で、リストラが始まっているという。

     産地によってまだら模様ではあるが、一部の染工場の好調により、昨年から高騰のため仕入れを控えてきた卸…

    残り1096文字(全文1433文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月26日号

    食肉 大争奪16 豚肉が不足する中国の爆買い 世界の食肉市場を翻弄 ■三石 誠司20 世界の牛・豚データ 中国が牛肉も豚肉も爆食 ■編集部/監修・柴田 明夫22 アフリカ豚コレラは水際で防ぐ ■呉 克昌23 食肉関連15社 日ハム、不二製油、伊藤ハム米久 ■編集部25 混乱(1)TPP、日米貿易協定 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット