教養・歴史

ミャンマー 「長寿国日本に学べ」 介護職人材に期待=齋藤真美

    セミナーで質問するミャンマー人の日本語教師=ヤンゴン(筆者撮影)
    セミナーで質問するミャンマー人の日本語教師=ヤンゴン(筆者撮影)

     ミャンマーでは、日本語を学び日本で働きたいと願う若者が急増している。2018年の日本語能力試験の申込者数は3万7000人で、民政移管した11年の約20倍。留学生の増加や日本企業の進出に加え、日本政府が入国管理法を改正し、外国人労働者の受け入れ拡大方針を打ち出したこと、治安の良さや日本の各種技術修得への意欲の強さなどが要因だ。

     日本語学校も200校以上に上る。しかし、教材が整わない環境下、「中級者以下の能力の教師が初心者を教えている」(業界関係者)例もあり、生徒の語学力に大きな差が出かねないのが課題だ。事態打開に向け国際交流基金は昨年、地元大学と共同で日本語教師向けの講座を開講。現地の日系人材派遣会社も日本から専門家を招き、日本の生活習慣や知識を加えた授業に関するセミナーを実施した。

    残り204文字(全文550文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月2日号

    急成長! 水素 電池 アンモニア20 参入続々、実験着々 空前の水素ブーム ■種市 房子23 水素1 水電解装置 “グリーン水素”の大量製造時代へ 世界で400超のプロジェクト ■中園 敦二24 図解で知る1 アンモニアは1兆円市場へ ■和田 肇26 図解で知る2 全固体電池が来る! ■中園 敦二2 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事