教養・歴史書評

読書日記 あるものをあるがままに 記録こそ抵抗たりうる=ブレイディみかこ

    『ドライブイン探訪』
    『ドライブイン探訪』

    ×月×日

    「ドライブイン」と言ってもいまの若い人たちはきっと知らない。その絶滅寸前のロードサイドの飲食店を経営し、何十年も客を受け入れてきた人々の話を丹念に聞いて、戦後の歴史を浮かび上がらせるという書籍は、企画だけでもうワクワクする。おかげで橋本倫史著『ドライブイン探訪』(筑摩書房、1700円)は、久しぶりに時間を忘れて読みふけった本になった。

     いまは巨大なサービスエリアやファミリーレストランにその役割を取って代わられたが、わたしが子どもだった1970年代はドライブイン隆盛の時代だった。「ドライブインが輝いていたのはアメリカが遠かった時代」「アメリカが近づくにつれ、その輝きは失われた」と本書には書かれている。

    残り989文字(全文1296文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット