国際・政治チャイナウオッチ 中国視窓

李首相の肝煎りで到来 起業ブームの「三つの壁」=真家陽一

    香港証券取引所に上場した美団点評の王興・最高経営責任者(Bloomberg)
    香港証券取引所に上場した美団点評の王興・最高経営責任者(Bloomberg)

    「『大衆による起業・イノベーション』が一段と進み、中国の発展に新たな優位性を築いている」。李克強首相は3月に北京であった全国人民代表大会(全人代、国会に相当)で、こう強調した。

     大衆による起業・イノベーションは、李首相が2014年9月、天津で開催された世界経済フォーラム・夏季ダボス会議で初めて提起した政策だ。民営企業を中心に、市場の活力を生かしつつ、草の根レベルでの起業やイノベーションを奨励している。

     政策の後押しも受け、中国では起業ブームが到来。1日平均の新規登記企業数は13年の6900社から18年には1万8400社と、5年で約3倍に増えた。今年の全人代では、中国版ナスダックともいわれる新興市場「科創板」の設立や、スタートアップ企業の支援を目的とした金融債の発行奨励など、大衆による起業・イノベーションをさらに深化させる方針が打ち出された。

    残り922文字(全文1297文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット