国際・政治論壇・論調

中国首脳が異例の欧州歴訪 保護主義強める米国に対抗=坂東賢治

    パリでは習近平氏(左から2人目)と欧州首脳の会談も開かれた(3月26日、Bloomberg)
    パリでは習近平氏(左から2人目)と欧州首脳の会談も開かれた(3月26日、Bloomberg)

     中国の習近平国家主席と李克強首相が3月後半から4月前半にかけ、欧州を歴訪した。序列1、2位の首脳がその年初の外遊先に同じ地域を選ぶのは異例だ。米国の中国語ニュースサイト「多維」(3月19日)は「欧州は米中が5G(第5世代移動通信システム)、一帯一路という2大テーマで競い合う主戦場だ」と指摘し、米国をにらんだ地政学的選択との見方を示した。

     習主席の訪欧ではイタリアが主要7カ国(G7)の一員としては初めて「一帯一路」の協力覚書に調印した。米政府は「中国の略奪的な手法に正当性を与える」と批判し、ブルームバーグ通信(3月18日)は「イタリアは中国とトランプ氏双方を喜ばせ続けることはできない」と断じた。

    残り1096文字(全文1397文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月7日号

    コロナで急変 世界経済入門22 400兆円の「株」待機資金 “倍返し”でバブル再燃も ■村田 晋一郎/吉脇 丈志25 何が起きるか 1 原油大暴落の先 原油安は続かない 年末70ドル反発も ■柴田 明夫26  2 株式市場大混乱 “コロナ”なしでも調整した 業績予想と期待のブレ ■居林 通28  3 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット