国際・政治論壇・論調

独メガバンク2行合併の深層 政府の「銀行救済」に疑問の声=熊谷徹

    左からコメルツ銀行のツィールケ最高経営責任者(CEO)とドイツ銀行のゼービングCEO(Bloomberg)
    左からコメルツ銀行のツィールケ最高経営責任者(CEO)とドイツ銀行のゼービングCEO(Bloomberg)

     3月、ドイツのメガバンク、ドイツ銀行(DB)とコメルツ銀行(CB)が合併を視野に置いた協議を開始したが、金融界や論壇では「弱者の合併」に対する批判的な論調が強い。

     ドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は3月18日付電子版で不正競争防止委員会のA・ヴァムバッハ委員長の「巨大銀行の誕生は金融市場のシステム・リスクを高めるだろう。過去の金融危機は、メガバンクを破綻させるのは困難なので、結局、政府が銀行救済を迫られることを示した」というコメントを引用している。

     また同紙の3月19日付電子版は欧州銀行監督局のA・エンリア局長の「個々の合併協議についてコメントしないが、一般的に欧州銀行界のチャンピオンを作ろうという考え方を好まない。我々が注目するのは、合併が銀行の将来の収益性を確保できるか否かという点だ」という意見を紹介するとともに「エンリア氏の態度は、両行の合併に前向きなドイツ政府との対立につながるかもしれない」と指摘している。

    残り933文字(全文1363文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月2日号

    緊急提言 コロナ危機の経済学第1部 政治・経済編16 英知を結集 前例なき時代へ処方箋 ■編集部18 インタビュー 竹中平蔵 東洋大教授、慶応義塾大名誉教授 「デジタル化の遅れ挽回する好機」20 戦時体制 市場・金融政策万能の見直し ■高田 創22 経済政策 副作用忘却した世論迎合の危うさ ■森田  [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット