週刊エコノミスト Online書評

『生活を支える社会のしくみを考える 現代日本のナショナル・ミニマム保障』 評者・上川孝夫

    編著者 門野圭司(山梨大学准教授) 日本経済評論社 3800円

    公的な生活サービスの実態解明 地域格差解消へ財政の役割説く

     この30年間、日本はバブル崩壊、長期不況、格差問題、雇用の大変動など大きな変化を経験してきた。一体、人々の生活を支える社会の仕組みや理念、実態はどうなっているのであろうか。このテーマに気鋭の財政学者らが果敢に挑戦している。

     副題にある「ナショナル・ミニマム」とは、憲法第25条に規定する生存権の保障を意味するが、本書ではより広く、全国どこでも同等の公的サービスを受けられる状況、またはそのサービスの水準と捉え、労働、社会保障、生活インフラ、環境などの面から包括的に検討している。

    残り869文字(全文1169文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事