週刊エコノミスト Online書評

『景気の回復が感じられないのはなぜか 長期停滞論争』 評者・服部茂幸

    著者 ローレンス・サマーズ(ハーバード大学教授)/ベン・バーナンキ(ブルッキングス研究所フェロー)ポール・クルーグマン(ニューヨーク市立大学院教授)/アルヴィン・ハンセン(経済学者) 編訳者 山形浩生 世界思想社 1400円

    長期停滞どう抜け出すか 経済学者の論戦を読む

     2008年のリーマン・ショックから10年がすぎた。ショックの後、米連邦準備制度理事会(FRB)などは米国経済のV字回復を予想していたが、実際に起きたのは「L字回復」(急激に落ちた後にゆるやかな回復)である。トランプ大統領の登場もその結果と言える。論争に発展したこの長期停滞に関する論文、講演などをまとめたのが本書である。

     論争の口火を切ったサマーズ元米財務長官は、停滞の結果、13年時点で10%の国内総生産(GDP)、5%の生産能力が失われたと言う。需要不足が人的・物的投資の減少を通じて生産能力を喪失させるのである。それを受けて、彼はインフラ投資の拡充を訴える。

    残り885文字(全文1302文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月8日号

    もうかるEV(電気自動車)、電池、モーター14 「電動化」が業績・株価を左右 「次の勝者」探しも活発化 ■神崎 修一/桑子 かつ代/斎藤 信世16 巨人の焦り トヨタから「自動車」が消える日 ■井上 久男18 自動車部品 日本電産が台風の目に ■遠藤 功治20 図解 EV用電池「国盗り物語」 ■編集 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事