【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

週刊エコノミスト Online書評

『景気の回復が感じられないのはなぜか 長期停滞論争』 評者・服部茂幸

著者 ローレンス・サマーズ(ハーバード大学教授)/ベン・バーナンキ(ブルッキングス研究所フェロー)ポール・クルーグマン(ニューヨーク市立大学院教授)/アルヴィン・ハンセン(経済学者) 編訳者 山形浩生 世界思想社 1400円

長期停滞どう抜け出すか 経済学者の論戦を読む

 2008年のリーマン・ショックから10年がすぎた。ショックの後、米連邦準備制度理事会(FRB)などは米国経済のV字回復を予想していたが、実際に起きたのは「L字回復」(急激に落ちた後にゆるやかな回復)である。トランプ大統領の登場もその結果と言える。論争に発展したこの長期停滞に関する論文、講演などをまとめたのが本書である。

 論争の口火を切ったサマーズ元米財務長官は、停滞の結果、13年時点で10%の国内総生産(GDP)、5%の生産能力が失われたと言う。需要不足が人的・物的投資の減少を通じて生産能力を喪失させるのである。それを受けて、彼はインフラ投資の拡充を訴える。

残り885文字(全文1302文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事