教養・歴史書評

「すごみ」を浮き彫りにする「参与観察」の手法=荻上チキ

    ×月×日

     対象にインタビューをするだけではなく、自らが意図を持って当事者となり、グループなどに所属。その上で集団などの特徴やメカニズムを分析する手法を「参与観察」という。

     優れたインタビュー以上に、優れた参与観察というのは希少だ。そして、誰にでもできるわけではない。才能だけでなく、タイミングや運などがそろわなければ、良質なリポートにまとめることはできないのだ。

     打越正行『ヤンキーと地元』(筑摩書房、1800円)は、沖縄の暴走族の「パシリ」として参与観察することで、解体屋や風俗産業など、貧困を背景とした若者アウトサイダーたちが、いかなるリアリティーを生きているのかを活写した一冊。

    残り1076文字(全文1368文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事