週刊エコノミスト Online論壇・論調

独の大企業にデジタル化の波 米中の実用化先行に懸念も=熊谷徹

    ロボットアームで塗装するフォルクスワーゲンの工場(Bloomberg)
    ロボットアームで塗装するフォルクスワーゲンの工場(Bloomberg)

     今年も4月1~5日、世界最大の工業見本市ハノーバーメッセが開催され、見本市の主要テーマである「インダストリー4.0(I4.0、製造業の革新)」とAI(人工知能)についての報道が目立った。例年通りデジタル化の重要性を指摘する論調が多かったが、中には米国や中国に対する遅れを懸念する声もあった。

     I4.0技術の活用が最も進んでいるのは、大企業である。ドイツの経済日刊紙『ハンデルスブラット』は3月27日付の電子版で同国の大手機械メーカー・ボッシュのR・ナヨルク工業機械部長の「我が社は過去4年間にI4.0関連の製品やサービスから15億ユーロの売上高を記録した。2022年にはI4.0関連の年間売上高を10億ユーロに引き上げることを目指している」というコメントを掲載した。

     さらに同紙は3月31日付の紙面で「フォルクスワーゲン(VW)は、アマゾンとシーメンスと協力し、122カ所の工場やサプライチェーンをインターネットで接続することにより、コストを毎年数億ユーロ削減することを計画している」と伝えた他、4月2日付の電子版では「BMWはマイクロソフトの支援を得て、製造プロセスで使われるソフトウエアを一本化し、工場のスマート化を加速する」と報じた。

    残り853文字(全文1374文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット