教養・歴史アートな時間

映画 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス=芝山幹郎

    (C)2017 EX LIBRIS Films LLC-All Rights Reserved
    (C)2017 EX LIBRIS Films LLC-All Rights Reserved

    巨大な有機体をとらえた記録 沈着と情熱は共存できる

     フレデリック・ワイズマンが恐るべきドキュメンタリー映画を撮った。題名は「ニューヨーク公共図書館」(以下、館名をNYPLと記す)。

     205分という上映時間を聞いて、尻込みする方もいるだろう。たしかに長い映画だが、まったく退屈しない。見ていて興趣が尽きないばかりか、新しい発見が相次ぎ、想像力が加速度的に刺激される。

     この大図書館のことなら、私も少しは知っているつもりだった。5番街と42丁目通りの交差点に位置するボ…

    残り878文字(全文1110文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月3日号

    絶望の日韓16 「次は自動車」焦る韓国 戦後最悪いつまで ■浜田 健太郎19 インタビュー 申ガク秀 元駐日韓国大使 “法の日本”と“正義の韓国”の妥協点 「韓国政府と日韓企業で徴用工補償を」20 徴用工問題の本質 植民地支配の “清算”に変化 ■浅羽 祐樹22 韓国社会の意識 摩擦招いた道徳的“正 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット