教養・歴史アートな時間

映画 ニューヨーク公共図書館 エクス・リブリス=芝山幹郎

    (C)2017 EX LIBRIS Films LLC-All Rights Reserved
    (C)2017 EX LIBRIS Films LLC-All Rights Reserved

     フレデリック・ワイズマンが恐るべきドキュメンタリー映画を撮った。題名は「ニューヨーク公共図書館」(以下、館名をNYPLと記す)。

     205分という上映時間を聞いて、尻込みする方もいるだろう。たしかに長い映画だが、まったく退屈しない。見ていて興趣が尽きないばかりか、新しい発見が相次ぎ、想像力が加速度的に刺激される。

     この大図書館のことなら、私も少しは知っているつもりだった。5番街と42丁目通りの交差点に位置するボザール様式の殿堂。取材に訪れ、かなり詳しく案内してもらったので、大筋と急所はつかんだような気になっていた。「ティファニーで朝食を」(1961年)や「スパイダーマン」(2002年)といった映画でもお馴染みの場所だし。

    残り796文字(全文1110文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット