教養・歴史書評

『デジタル経済と税 AI時代の富をめぐる攻防』 評者・井堀利宏

     インターネットで蓄積したビッグデータを活用して、アメリカの巨大IT企業は世界中でこれまでにないビジネスモデルを作り出した。企業と消費者が、国境を越えネット上で直接やりとりするデジタル時代のビジネスは、成功者に利益や富の集中をもたらすと同時に、税務当局が想定していなかった租税回避行動も可能とした。

     国境を越えてビジネスを展開する企業は無形資産をタックスヘイブン(租税回避地)に移すことで国際的な租税回避を容易にした。税制の実務と理論に精通した税法の専門家である著者は、巨大多国籍企業の租税回避スキーム(枠組み)の実例を紹介しつつ租税回避への対策もわかりやすく議論する。経済協力開発機構(OECD)など国際レベルでの協力体制は進展しているものの、アメリカ、欧州連合(EU)、新興国の利害は必ずしも一致しておらず、特にトランプ政権が巨大IT企業の徴税に消極的なのも懸念材料である。

     著者は経済学に知見のある研究者でもあり、後半で人工知能(AI)時代における働き方改革、納税者サービス、ベーシックインカム(最低限所得保証制度、BI)など、デジタル経済に関わる幅広い論点を取り上げ、現実的で合理的な議論を説得的に展開している。デジタル経済ではクラウドソーシング(不特定多数から寄付を募りサービスを取得する仕組み)、副業、兼業で生じる小規模事業者が多く誕生するから、彼らの所得把握と適正…

    残り590文字(全文1179文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット