国際・政治東奔政走

米中貿易戦争の長期化が高めた衆参同日選のハードル=高塚保

    「トランプリスク」への対応が安倍政権を左右する(Bloomberg)
    「トランプリスク」への対応が安倍政権を左右する(Bloomberg)

     米中貿易戦争を世界で最も気をもみながら見ているトップリーダーの一人は安倍晋三首相だろう。株安・円高が進行すれば景気の先行き不安は増し、政権の消費増税判断にも影響する。忍び寄る景気後退の流れは、首相のフリーハンドを狭めかねない。「このままではトランプ米大統領発の不況になりかねない」(自民党議員)。トランプリスクにどう対処するのか。安倍政権の将来を占う最重要ファクターになっている。

     4月の日米首脳会談。ハイライトは会談冒頭に米記者の質問を受ける形で発せられたトランプ氏の発言だった。トランプ氏は5月25~28日に国賓で来日することを念頭に、「5月の訪日時までに合意できるかもしれない」と日米貿易交渉の早期妥結に意欲を示した。

    残り1748文字(全文2061文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット