国際・政治東奔政走

米中貿易戦争の長期化が高めた衆参同日選のハードル=高塚保

    「トランプリスク」への対応が安倍政権を左右する(Bloomberg)
    「トランプリスク」への対応が安倍政権を左右する(Bloomberg)

     米中貿易戦争を世界で最も気をもみながら見ているトップリーダーの一人は安倍晋三首相だろう。株安・円高が進行すれば景気の先行き不安は増し、政権の消費増税判断にも影響する。忍び寄る景気後退の流れは、首相のフリーハンドを狭めかねない。「このままではトランプ米大統領発の不況になりかねない」(自民党議員)。トランプリスクにどう対処するのか。安倍政権の将来を占う最重要ファクターになっている。

     4月の日米首脳会談。ハイライトは会談冒頭に米記者の質問を受ける形で発せられたトランプ氏の発言だった…

    残り1820文字(全文2061文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月4日号

    AIチップで沸騰!半導体第1部 世界の開発最先端14 GAFAも開発に乗り出す AIチップの8兆円市場 ■津田 建二/編集部18 Q&Aで分かる AIチップ ■編集部/監修=本村 真人21 インタビュー ディジタルメディアプロフェッショナル(DMP) 山本達夫 社長「推論用AIチップのコア開 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット