国際・政治東奔政走

トランプ氏来日に潜んだ解散風 大義探す政権に「渡りに船」か=伊藤智永

     トランプ米大統領の来日は、安倍晋三首相に衆院解散を促す「外圧」となるかもしれない。トランプ氏は来日中、立て続けにツイッターへ投稿したが、中でも見過ごせなかったのは、次のつぶやきだ。

    「日本との貿易交渉で大きな前進があった。農業と牛肉で真剣な議論中だ。多くのことは日本の7月の選挙後まで待つ。そこで大きな数字を期待している」(5月26日午後1時39分)

     米国は日本に農産物関税の早期撤廃・引き下げを要求している。俺はシンゾーの選挙が終わるまで待つから、シンゾーは2020年の米大統領再選に向けた俺のことを考えて決断してくれ。互いの選挙への影響を考えて、好都合な時に合意しようじゃないか。そう言ったわけだ。

    残り1715文字(全文2016文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    6月16日号

    コロナデフレの恐怖14 サービス業に「デフレの波」 失業増で負のスパイラルも ■桑子 かつ代/市川 明代17 市場に問われる開示姿勢 ■井出 真吾18 図解デフレ大国ニッポン ■編集部19 デフレ圧力は過去にない水準に ■永浜 利広20 コロナで「上がった下がった」ランキング ■編集部21 インタビ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット