週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

フィリピン 急増する中国人労働者にメス=大堀真貴子

    不法就労などの疑いで摘発される企業(地元紙インクワイラー提供)
    不法就労などの疑いで摘発される企業(地元紙インクワイラー提供)

     政府は外国人就労許可証の発行に関するルールの厳格化に乗り出した。入国管理局、労働雇用省、司法省などが合同ガイドラインを発布した。

     オンラインカジノで働く中国人の不法就労者が急増しているためで、財務省は適切な納税で年間320億ペソ(約687億円)の所得税の徴税が可能と試算。これまで抜け穴とされてきた短期就労者向け就労許可証の対象を限定し、外国人労働者に納税者識別番号(TIN)提出を義務付ける。

     就労が6カ月未満の特別就労許可書(SWP)の対象は、プロスポーツ選手やジャーナリスト、学術機関の研究者など14職種。それ以外は、外国人労働許可証(AEP)の取得が必須だ。また専門職統制委員会発行の特別臨時許可証(STP)を除き、就労許可の申請にはTINの提出が必要となる。

    残り172文字(全文507文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    3月3日号

    4月施行 働き方改革法 労基署はここを見る20 企業の成長を促す法改正 会社を作り直す覚悟を ■村田 晋一郎/吉脇 丈志23 働きやすい職場を作るビジョンを示せ ■安中 繁24 同一労働 同一賃金 待遇差に合理的な説明が可能か ■河野 順一27 役割・待遇の明確化 会社の創造的破壊を ■向井 蘭30 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット