週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

主力商品が不振、金融株の30年=市岡繁男

    (注)1.金融株の時価総額ウエート:(銀行、保険、証券の時価総額合計)÷TOPIX時価総額、2.民間債務比率:(家計と非金融企業の債務総額)÷名目GDP(出所)東証、BIS(国際決済銀行)
    (注)1.金融株の時価総額ウエート:(銀行、保険、証券の時価総額合計)÷TOPIX時価総額、2.民間債務比率:(家計と非金融企業の債務総額)÷名目GDP(出所)東証、BIS(国際決済銀行)

     金融株はさえない展開が続いている。2018年1月以降、TOPIX(東証株価指数)の下落率20%に対し銀行株は35%、証券株は41%も下落している。市場全体の株式時価総額に占める金融株のウエートも直近は53年ぶりに8%台に低下した(図1)。1980年代後半は同比率が32%もあって、東証時価総額上位10社中、7社が銀行、証券だったことを思えば、隔世の感がある。

     金融株の存在感が低下した原因は、バブル崩壊に懲りた民間部門(家計+非金融企業)が債務圧縮に動いたからだ。要は銀行の主力商品(貸し出し)が売れないのだ。事実、89年後半の銀行貸し出しは、前年比76兆円(名目GDPの19%)も増加していたが、その10年後には前年比マイナスとなっている(図2)。金融株の時価総額ウエートと債務比率(債務総額÷名目GDP)の低下が連動している様子は興味深い(図1)。

    残り195文字(全文572文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月27日号

    未来産業の本命 新エネ、DX、デジタル通貨第1部 エネルギーとデジタルが生む革新14 脱炭素の大開拓時代 革命は日本から始まる ■浜田 健太郎/村田 晋一郎16 新エネ(1) 洋上風力 潜在力は原発500基分 ■宗 敦司19 (2) 送配電 「直流送電」で再エネ普及へ ■南野 彰24 (3) 蓄電池 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事