週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

主力商品が不振、金融株の30年=市岡繁男

    (注)1.金融株の時価総額ウエート:(銀行、保険、証券の時価総額合計)÷TOPIX時価総額、2.民間債務比率:(家計と非金融企業の債務総額)÷名目GDP(出所)東証、BIS(国際決済銀行)
    (注)1.金融株の時価総額ウエート:(銀行、保険、証券の時価総額合計)÷TOPIX時価総額、2.民間債務比率:(家計と非金融企業の債務総額)÷名目GDP(出所)東証、BIS(国際決済銀行)

     金融株はさえない展開が続いている。2018年1月以降、TOPIX(東証株価指数)の下落率20%に対し銀行株は35%、証券株は41%も下落している。市場全体の株式時価総額に占める金融株のウエートも直近は53年ぶりに8%台に低下した(図1)。1980年代後半は同比率が32%もあって、東証時価総額上位10社中、7社が銀行、証券だったことを思えば、隔世の感がある。

     金融株の存在感が低下した原因は、バブル崩壊に懲りた民間部門(家計+非金融企業)が債務圧縮に動いたか…

    残り342文字(全文572文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月30日号

    乗り遅れ厳禁! 移動革命14 企業、業種の垣根を越える MaaSの底知れない破壊力 ■大堀 達也/加藤 結花17 インタビュー 宮岡冴子 モネ・テクノロジーズ企画・渉外部長  「クルマから得られるデータを付加価値に変える」18 Q&Aで学ぶMaaSの基礎知識 ■編集部/監修=阿部 暢仁20 一目で分 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    最新の注目記事

    ザ・マーケット