週刊エコノミスト Online論壇・論調

当局が忘却したい天安門事件 経済発展以外は変わらない中国=坂東賢治

    厳戒態勢の天安門広場(Bloomberg)
    厳戒態勢の天安門広場(Bloomberg)

     民主化を求めた北京の学生らが中国軍に武力鎮圧された1989年6月4日の天安門事件から30年が過ぎた。不名誉な事件に関する情報統制を進める中国当局の方針どおり、大半の中国メディアは沈黙を保った。人民日報系の『環球時報』英語版(6月3日)は対外向けの論評を掲載した。

     論評は事件を「中国とソ連、東欧の旧社会主義諸国を区別する分水嶺(ぶんすいれい)」と位置づけ、中国政府が事件を制御したことで世界第2の経済大国になれたと主張する。事件を中国社会の「ワクチン」と位置づけ、政治騒乱への免疫力を高めたとも評した。

     高度成長実現を免罪符に弾圧を正当化する公式見解に沿った論評だ。しかし、国内向けに報じようとはしないことに、少なくとも数百人から1000人以上の犠牲者を出した事件の記憶を封印したい当局の本音がのぞく。英BBC(6月4日)は「中国の一大『忘却』事業」と皮肉った。

    残り973文字(全文1355文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    8月11・18日合併号

    2020年後半 日本・世界経済大展望第1部16 「沈没」する自動車大国 苦境・群馬が暗示する近未来 ■神崎 修一/柳沢 亮/加藤 結花19 「トヨタ超え」テスラ、三つの理由 ■中西 孝樹20 コロナワクチン開発 「実用化まで1年半」でも野心的 ■近内 健22 米大統領選 3項目でバイデン氏が優勢 ■ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット