国際・政治論壇・論調

高関税、禁輸という「武器」で自らの首を絞める米国=岩田太郎

    安全保障上の懸念ははったりか(ファーウェイ本社)(Bloomberg)
    安全保障上の懸念ははったりか(ファーウェイ本社)(Bloomberg)

     トランプ米大統領が対外交渉で米国に有利な条件を引き出すため、高関税や禁輸という「経済的な武器」を使って、中国のテクノロジーがもたらす安全保障上のリスクやメキシコからの不法移民流入など、政治的な課題の解決を目指す「目的と手段の混同」に批判が集まっている。

     米国商工会議所国際部のマイロン・ブリリアント部長は6月10日、米経済専門局CNBCに出演し、「関税の武器化は米農家、米製造業や米消費者に損害を与えるため、米経済に対する脅威だ。さらに、米国の貿易相手国にとっても、(いつ関税が政治目的で使われるか分からず)不確実性が高まる」と、トランプ大統領を非難した。

     これに対し、トランプ氏自身が即座にCNBCに電話をして反論し、「中国は、米国に高関税の圧力をかけられ、妥協に追い込まれる。(大統領の方針に反対する)米国商工会議所は米国民ではなく、大企業の利益を代表しているだけだ」と主張した。

    残り990文字(全文1383文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月14日号

    コロナが迫る 非接触ビジネス第1部16 「脱3密」に勝機あり リアル×ネットで株価急騰 ■白鳥達哉/種市房子19 インタビュー 鈴木康弘 日本オムニチャネル協会会長、デジタルシフトウェーブ社長 「ネット起点に、実店舗を運営」20  諸富徹 京都大学大学院 経済学研究科教授 「脱炭素社会への契機にも」 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット