国際・政治東奔政走

米イランの「仲介役」演じた賭け 四つの利点と引き換えのリスクも=及川正也

    イランのザリフ外相(左)と各種する安倍首相。米イランの「仲介役」の成果は……(首相官邸で5月16日)
    イランのザリフ外相(左)と各種する安倍首相。米イランの「仲介役」の成果は……(首相官邸で5月16日)

     安倍晋三首相のイラン訪問は、現職首相では1978年の福田赳夫首相以来、41年ぶりだ。米国とイランの緊張が高まり、世界に不安が広がる中、両方に深い外交関係を持つ日本が「仲介役」を買って出たが、「宿年の敵同士」である米イラン関係を取り持つのは容易ではない。大きな賭けに出た安倍外交の成否は──。

     イラン訪問は、あえて火中の栗を拾う、といった類の話ではない。猿におだてられた猫が悲惨なやけどを負うラ・フォンテーヌの寓話(ぐうわ)が示すのは、他人の利益のために非常な危険をおかすことのたとえだ。だが、中東の緊張は人ごとではない。日本は石油輸入の8割以上を大産油地帯の中東に頼っているのである。

     米国とイランが武力衝突に発展し、ペルシャ湾やアラビア海が戦域となれば、世界への原油供給は大混乱に陥…

    残り1746文字(全文2089文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    12月17日号

    勝つ負ける地銀ランキング18 弱まり続ける「稼ぐ力」 “利益率かさ上げ”のツケ ■大堀 達也/吉脇 丈志19 最新 地銀全103行収益力ランキング23「粉飾倒産」でヤケド負う ■編集部24 東証改革 時価総額500億円未満が1部市場に31行 ■編集部27 “無風”の減益 「益出しのネタ」尽きる “苦 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット