国際・政治話題の記事

英保守党党首選 「ジョンソン新首相」の合意なき離脱の現実味=吉田健一郎

    ジョンソン前外相(Bloomberg)
    ジョンソン前外相(Bloomberg)

     英保守党の議員委員会は6月7日、メイ首相の辞任と保守党党首選の開始を正式に通知した。候補者は2人に絞り込まれ、7月22日の週に新党首が選出される見通しだ。

     保守党党首選は、各候補者に保守党の下院議員が投票を実施。最低得票または一定の得票数以下であった議員1人が落選する形式で行われ、候補者が2人に絞り込まれるまで繰り返される。その後、約16万人いる保守党員の決選投票により新党首が選出される。

     立候補者の顔ぶれと支持議員数は図の通り。最大の支持を得ているのはボリス・ジョンソン前外相で、ジェレミー・ハント外相、マイケル・ゴーブ環境相、ドミニク・ラーブ前EU離脱相が続く。4候補は、いずれも「合意なき離脱」の可能性を排除していないが、その許容度については幅がある。離脱強硬派であるジョンソン氏やラーブ氏は、EU(欧州連合)との合意に関係なく、10月31日には離脱すると発言している。

    残り544文字(全文935文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    11月3日号

    コロナ株高の崩壊14 金利上昇で沈むハイテク株 11月にダウ5000ドル暴落も ■神崎 修一17 リスク1 米バブル 下落局面への転換点 ■菊池 真19 リスク2 GAFA 米IT潰し ソフトバンクも試練 ■荒武 秀至20 米大統領選 勝敗予想 バイデンの「雪崩的勝利」も ■中岡 望23 失業率が示 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット