教養・歴史書評

『書物の破壊の世界史』『10年後のGAFAを探せ』『尊厳ある介護』『武器としての世論調査』

    『書物の破壊の世界史』 フェルナンド・バエス著 紀伊國屋書店 3500円

     本好きには耐え難い表題の蛮行は、何と50世紀以上も前から行われていた! 図書館の専門家で作家の著者が暗黒の史実に光を当てた。古代のシュメールからデジタル化が進む現代に至るまで、洪水や火災、戦争、宗教弾圧、害虫、世間の無関心などが原因で数々の貴重な本が消え、没収され、焼かれ続ける。「本を燃やす人間はやがて人間も燃やすようになる」との先人の指摘は胸に刺さる。参考文献紹介も入れると700ページを超える大作だが挑む価値はあり。(W)

    残り745文字(全文996文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,000円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    9月24日号

    勃発!通貨戦争18 消去法の“ドル・円2強” 米利下げでも高止まり ■岡田 英/吉脇 丈志21 インタビュー 篠原尚之 元財務官 「世界緩和競争の円高圧力 1ドル=90円も視界に」22 ドル売り・人民元買い 禁断の“為替介入”シナリオ ■武田 紀久子23 「為替操作国」認定の真意 新“関税カード”の [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット