【週刊エコノミスト創刊100年キャンペーン実施中】いまなら週刊エコノミストオンラインをお申し込みから3カ月間無料でお読みいただけます!

教養・歴史書評

『書物の破壊の世界史』『10年後のGAFAを探せ』『尊厳ある介護』『武器としての世論調査』

『書物の破壊の世界史』 フェルナンド・バエス著 紀伊國屋書店 3500円

 本好きには耐え難い表題の蛮行は、何と50世紀以上も前から行われていた! 図書館の専門家で作家の著者が暗黒の史実に光を当てた。古代のシュメールからデジタル化が進む現代に至るまで、洪水や火災、戦争、宗教弾圧、害虫、世間の無関心などが原因で数々の貴重な本が消え、没収され、焼かれ続ける。「本を燃やす人間はやがて人間も燃やすようになる」との先人の指摘は胸に刺さる。参考文献紹介も入れると700ページを超える大作だが挑む価値はあり。(W)

残り745文字(全文996文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)が、今なら3ヶ月0円

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

12月13日号

論争で学ぶ 景気・物価・ドル円14 バブルは別の顔でやって来る ■熊野 英生17 鳴らないアラート 「経済の体温計」を壊した罪と罰 ■中空 麻奈18 対論1 米国経済 景気後退入りの可能性高い ■宮嶋 貴之19  景気後退入りの可能性は低い ■高橋 尚太郎20 対論2 日銀 23年後半から24年前半 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事