週刊エコノミスト Onlineグラフの声を聞く

世界で存在感増す米シェールと再エネ=市岡繁男

(注)2008年と18年の生産・消費増減量。ガス生産・消費量は石油に換算(出所)BP統計
(注)2008年と18年の生産・消費増減量。ガス生産・消費量は石油に換算(出所)BP統計

 英BP社が2019年版エネルギー統計を発表した。注目は、米国の石油産出量(含む天然ガス)が2位のロシアを大きく引き離し、5年連続で世界一となったことだろう。米国の年間石油産出量は08年からの10年間で6.1億トン、79%も増加した。この期間に世界全体では12.1億トン増産しているので、いかに米国の寄与度が大きいかが分かる(図1)。言うまでもなく、シェールオイル・ガス開発が進んだ影響だ。

 一方、同時期に世界の年間石油消費量は12.3億トン増加し、うち中国が4.2億トンを占めた。つまり、中国は米国が増産した石油6.1億トンの3分の2を消費したわけで、両国は相互補完関係にあったと言えよう。

残り279文字(全文575文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

10月4日号

新制度スタート! マンション管理必勝法14 動き出した二つの評価制度 住人の意識改革が始まった ■荒木 涼子/白鳥 達哉18 よく分かる「評価制度」 高得点獲得のポイント ■荒木 涼子20 国の制度もスタート 自治体が優良管理を「認定」 ■白鳥 達哉23 迫る「第三の老い」 ここまで深刻な管理員不足 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事