国際・政治東奔政走

「ベスト」な同日選を見送り 解散は最速で11~12月?=高塚保

    麻生太郎副総理兼財務相(右)は「同日選がベスト」と主張していたが……(国会内で6月21日)
    麻生太郎副総理兼財務相(右)は「同日選がベスト」と主張していたが……(国会内で6月21日)

     東京・飯田橋のホテルグランドパレス。読売新聞グループ本社の渡辺恒雄主筆がよく利用するホテルだ。6月17日夜、同ホテル内の日本料理店「千代田」で待つ渡辺氏を訪れたのは安倍晋三首相だった。

     渡辺氏は常々、衆参同日選に踏み切るよう首相に求めてきた。だが、新聞・テレビの報道では、同日選見送りの方向と伝えられていた。渡辺氏の心情は穏やかではなかったかもしれない。自民党関係者は「この日も、渡辺氏は首相に同日選を行うよう進言したようだ」と語る。

     首相が渡辺氏と会食したことで、永田町には「同日選があるかもしれない」との観測も流れたが、すでに首相…

    残り1741文字(全文2009文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット