週刊エコノミスト Onlineワールドウオッチ

香港 「逃亡」被告の難民庇護に波紋=江藤和輝

    逃亡犯条例改正に反対する大規模なデモ(筆者撮影)
    逃亡犯条例改正に反対する大規模なデモ(筆者撮影)

     香港の自決を主張する政治団体「本土民主前線」元召集人(発起人)で、暴動罪などで香港当局から起訴されている黄台仰被告と、元メンバーの李東昇被告が、逃亡先のドイツで難民庇護(ひご)を認められていたことが判明し、波紋を広げている。今年5月の米紙報道によると、庇護が認められたのは18年5月。2人は香港・九竜地区の繁華街モンコック(旺角)で16年2月に発生した、デモ隊と警官隊の衝突事件で罪に問われたが、保釈中の17年に逃亡してい…

    残り319文字(全文531文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    2月25日号

    契約のルールが変わる 民法改正16 経済活動の規律が一変 4月施行のインパクト ■市川 明代19 インタビュー 潮見佳男 京都大学大学院法学研究科教授 120年ぶり改正の意義 「市民に分かりやすく社会に生きた民法に」第1部 債権法編21 ココが大事1 「契約」が変わる ケース別で解説 改正の重要ポイ [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ PR

    最新の注目記事

    ザ・マーケット