教養・歴史アートな時間

美術 国立西洋美術館開館60周年記念 松方コレクション展=石川健次

クロード・モネ《船遊び》 1887年 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館(松方コレクション)
クロード・モネ《船遊び》 1887年 油彩、カンヴァス 国立西洋美術館(松方コレクション)

一代で収集した西洋美術の名品 数奇な運命、流転の全貌に迫る

 明治時代に首相を務めた松方正義の三男に生まれ、川崎造船所(現川崎重工業)を明治、大正、昭和と約30年にわたって率いた松方幸次郎(1866~1950)は、第一次大戦勃発にあたって船舶需要の拡大をにらみ、従来の受注生産ではなく、あらかじめ作っておく「ストックボート(既製貨物船)」の販売で巨万の利益を上げた。

 一方で西洋の美術品を精力的に買い求め、膨大なコレクションを築いた。パリやロンドンのギャラリーを、また芸術家を直接訪ねて作品を購入する姿は、当時の西洋の人々には例えば「芸術家たちのアトリエを泳ぎ回る大魚」(本展図録から引用)に映った。本展は、フランスから買い戻した浮世絵を含めれば1万点を超える松方コレクションがたどった数奇な運命に、流転の全貌に迫る。

残り899文字(全文1257文字)

週刊エコノミスト

週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
有料会員になると、続きをお読みいただけます。

・会員限定の有料記事が読み放題
・1989年からの誌面掲載記事検索
・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

通常価格 月額2,040円(税込)

週刊エコノミスト最新号のご案内

週刊エコノミスト最新号

8月23日号(8月16日発売)

電力危機に勝つ企業12 原発、自由化、再エネの死角 オイルショックを思い出せ ■荒木 涼子/和田 肇15 電力逼迫を乗り越える 脱炭素化が促す経済成長 ■編集部16 風力 陸上は建て替え増える 洋上は落札基準を修正 ■土守 豪18 太陽光 注目のPPAモデル 再エネは新ビジネス時代へ ■本橋 恵一2 [目次を見る]

デジタル紙面ビューアーで読む

おすすめ情報

編集部からのおすすめ

最新の注目記事