国際・政治論壇・論調

合意内容に目新しさなく 揺らぐG20の多国間主義=熊谷徹

    メルケル首相は前列右端に
    メルケル首相は前列右端に

     6月に大阪で行われたG20首脳会議に対する欧州メディアの評価は、その直後にトランプ米大統領が北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長と電撃的に会談したニュースの陰に隠れ、地味なものとなった。

     ドイツのニュース週刊誌『シュピーゲル』は6月29日付電子版で「大阪サミットでは、当初トランプ大統領の反対のために、各国首脳は共同宣言について合意できないのではないかという懸念もあった。決裂は避けられたが、地球温暖化や貿易などに関する合意内容に目新しさはなかった」と論評。

     各紙は共同宣言よりも、個別の会談や交渉に大きな比重を置いた。例えばドイツの保守系日刊紙『フランクフルター・アルゲマイネ(FAZ)』は、7月1日付の紙面で、「EUはサミット期間中にブラジルなどが構成する南米南部共同市場(メルコスル)と自由貿易協定について合意し、多国間主義を重視する姿勢を強調した。ドイツ世界経済研究所のG・フェルバーマイヤー所長は、『この合意はEUの力を世界に示した。同協定は、ドイ…

    残り935文字(全文1362文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    4月20日号

    バブル前夜 金利上昇の恐怖16 バフェットが日本株買い増し 成長株から割安株へシフト ■編集部20 ITバブル再来 年末3万5000円の「新技術バブル」 ■平川 昇二24 高まるバブル懸念 パウエル流の金融緩和継続に FRBは一枚岩ではない ■鈴木 敏之27 アンケート1 2022年の日米成長率と米 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事