国際・政治論壇・論調

社会問題に関与強める米企業 政治献金では矛盾する二面性=岩田太郎

    米ニューヨークでの性的少数者のパレード。擁護する企業の対応には矛盾も(Bloomberg)
    米ニューヨークでの性的少数者のパレード。擁護する企業の対応には矛盾も(Bloomberg)

     企業は政治的中立を保ち、論争に参加しないことが伝統的に理想とされてきた。しかし米国では、銃規制、中絶や性的少数者(LGBTなど)などの問題に旗色を鮮明にする企業が増え、話題だ。

     米ニュースサイト「アクシオス」のエリカ・パンディー記者は6月6日付の解説記事で、「企業は社会や政治の問題について、より大胆な立場を表明するようになっている」と指摘。「クラウド型顧客管理の米セールスフォースが銃器の販売を行う一部企業に対するサービス提供を取りやめたのをはじめ、ネット小売り大手の米アマゾンや米イーベイもサイトでの銃の販売を禁止した。また決済大手の米ペイパルや金融大手の米バンク・オブ・アメリカは体の性と心の性が一致しないトランスジェンダーを差別する法律を成立させたノースカロライナ州に圧力をかけて、廃止させた」と例示した。

     積極的な関与の背景としてボストン・カレッジのヘザー・リチャードソン教授は同記事の中で、「商品やサービスを購入する消費者からの働きかけが大きい」との見解を示した。パンディー記者は例として、「2015年に、買い物客の圧力により、小売り大手の米ウォルマートが本社所在地のアーカンソー州で上程された反LGBTの立場の法律に反対を表明した」と言明した。

    残り847文字(全文1377文字)

    週刊エコノミスト

    週刊エコノミストオンラインは、月額制の有料会員向けサービスです。
    有料会員になると、続きをお読みいただけます。

    ・会員限定の有料記事が読み放題
    ・1989年からの誌面掲載記事検索
    ・デジタル紙面で過去8号分のバックナンバーが読める

    通常価格 月額2,040円(税込)

    週刊エコノミスト最新号のご案内

    週刊エコノミスト最新号

    7月21日号

    もう働かなくても大丈夫? ベーシックインカム入門18 Q1 なぜ今、BIの議論が? コロナ禍で覆った「常識」 誰もが困窮する時代に転換 ■市川 明代21 政党に聞く 定額給付金とBI 斉藤鉄夫 公明党幹事長 「国民の理解が『一変』 BI検討が必要な時代」 玉木雄一郎 国民民主党代表 「所得制限は社会 [目次を見る]

    デジタル紙面ビューアーで読む

    おすすめ情報

    最新の注目記事

    ザ・マーケット